詳細情報

BACK

著作分類 IIRワーキングペーパー
著者 木村めぐみ
論文タイトル クリエイティブ産業の創造性:知識と意識
機関名 一橋大学イノベーション研究センター
ナンバー WP#17-11
公開日 2017/05/24
要旨 本論文では、クリエイティブ産業の創造性が求める議論と、その内容を検討した。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。イノベーションを実現できる創造性について論じるには、知識や知能だけではなく、知識を創造させ、知識と共創される、意識[consciousness]やその創造プロセスについてのより分析的な枠組みと、科学的な議論が必要である。意識とは、人や組織の視点・思考・実践ついての規律であり、知識とは、人の視点・思考・実践を通じて伝達・共有される意識である。第一に、創造性ほど、求められていながら、科学的な検証どころか、語ることすら難しく、人や組織の時間や労力を奪ってきたテーマは他になかった。しかし、ブレア政権は、Creative Britainというビジョンや、クリエイティブ産業というイメージを通じて、結果として、この問題を解決する重要な動きを創り出し、創造性についての新しい視点を提供した。第二に、そのため、創造性研究には現状、科学的な創造性研究と、芸術・人文学的な創造性研究という二つのタイプの創造性研究を発見できる。だが、クリエイティブ産業に求められているのは、このような知識の不均衡な状態の発見と解決であり、ある客体についての主観の正当化と合意で進められてきた議論を、ある主体についての客観性の探求の議論へと転回させるだけではない。第三に、クリエイティブ産業の創造性とは、主張や考え方が対立しているように見える、人や組織の視点・思考・実践の違いの理解を通じて生じる意識(問題意識と自己意識)と、意識に創造され、意識と共創される知識である。人と物質や自然資源では構造が異なるため、観察者が知覚できた状態についての図と矢印で説明できる二次元の議論では、創造性という言葉の意味は拡張できても、その解明には至らない。しかしながら、このような芸術・人文学の視点も、言葉や事例で説得しようとするだけではなく、より分析的な枠組みとして提示し、科学的な議論も可能な状態に変換できなければ、既存の議論や理論の発展に貢献することはできない。
備考
参考URL
ラベル クリエイティブ産業
登録日 2017/05/24

BACK