詳細情報

BACK

著作分類 IIRワーキングペーパー
著者 木村めぐみ
論文タイトル クリエイティブ産業のデザイン:語られなかった戦略
機関名 一橋大学イノベーション研究センター
ナンバー WP#17-12
公開日 2017/05/24
要旨 本論文では、クリエイティブ産業のデザインが求める議論と、その内容を検討した。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。創造性をイノベーションに結びつけるデザインとは、これまで語られなかった戦略の総称、言い換えれば、イノベーションを実現できる人や組織の選択肢と、その選択の理由に見られる法則性である。今日、デザインという言葉は、様々な意味で使われているが、創造性とイノベーションを結びつける行為やプロセスとして語られるデザインに共通するのは、共有されている知識が不均衡な状態を解決する行為と、そのプロセスを意味している点である。第一に、クリエイティブ産業におけるデザインとは、創造性をイノベーションに結びつける人の行為と、その結果であり、特定の部門や職業だけに関わる行為やプロセスのことではない。第二に、これまでのデザインをめぐる議論には、装飾的(プラス)かミニマム(マイナス)か、形態か機能か、もの中心か人中心か、といった二項対立や二元論が溢れていた。だが、クリエイティブ産業のデザインとは、このように本来は連続しているはずの歴史やプロセス、関係性を分断させる、知識の不均衡な状態の発見と解決の行為とプロセスである。第三に、その行為やプロセスとは、ある特定の場=人間関係における知性[sense]と感性[sensibility]を理解し、その不足を補い、場で共有されている知識の不均衡な状態の解決による、場の発展と繁栄の実現である。知性とは、知識内容とその理解であり、感性とは、その不足を補い、知性を高める行為である。クリエイティブ産業のデザインは、知識を創造する目的、状況、対象、主体、段階によって、その役割が異なるのである。
備考
参考URL
ラベル クリエイティブ産業
登録日 2017/05/24

BACK