検索一覧

検索結果: 109件 1ページ目(1〜20)

価値づくりにおける課題

延岡健太郎, 安本雅典 : 真鍋誠司(編)『オープン化戦略 :境界を越えるイノベーション』 341-359頁
有斐閣(2017/12/06)

  • 技術経営
  • 本の一章執筆

    関連URL:

    まえがき

    延岡健太郎, 一橋大学イノベーション研究センター(編)『イノベーション・マネジメント入門(第2版)』 ⅰ-ⅳ頁
    日本経済新聞出版社(2017/10/25)

    • 技術経営
    • 本の一章執筆

      関連URL:

      ビジネスケース アイロボット:ロボット掃除機「ルンバ」の革新技術

      間野茂:延岡健太郎
      『一橋ビジネスレビュー』 65巻 2号 162-175頁 (2017/09/28)

      アイロボットは1990年、マサチューセッツ工科大学の3人によって設立された、ロボット技術やAI技術の商品化における世界のパイオニアである。同社は革新的なロボット技術を開発し、当初は軍事用に使われていた技術を応用して、2002年にロボット掃除機「ルンバ」を発売する。これにより同社はロボット掃除機という新しいカテゴリーを創出し、現在でも、世…

      • 経営学
      • 論文

        関連URL:

        顧客価値の暗黙化:統合的価値の重要性とSEDAモデル

        日経企業行動コンファレンス2017 (2017/03/30)

        コンファレンスペーパー:延岡健太郎

        • 経済学
        • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

          関連URL:

          顧客価値の暗黙化

          延岡健太郎
          『一橋ビジネスレビュー』 64巻 4号 20-30頁 (2017/03/23)

          イノベーションマネジメントに関する近年の大きな変化の1つは、顧客価値の暗黙化である。客観的に評価・測定できる商品の機能や仕様だけでは商品の価値が決まらない傾向が強まった。顧客価値は、顧客が使用するコンテクストと主観的な評価、感性・情緒などに依拠する。結果的に、数値化や言語化ができない暗黙的な価値が重要になっている。顧客価値の基準が変化し…

          • 経営学
          • 論文

            関連URL:

            やさしい経済学:顧客価値重視のイノベーション

            日本経済新聞 (2017/03/08)

            著者:延岡健太郎, 連載期間:2017年3月8日~3月21日 (1)顧客の求める価値が「暗黙化」(2017年3月8日 朝刊30面) (2)商品仕様より顧客の経験に価値 (2017年3月9日 朝刊26面) (3)機能的価値+「意味的価値」(2017年3月10日 朝刊33面) (4)アートで新しい価値を提起 (2017年3月13日 …

            • 経営学
            • 一般記事

              関連URL:

              価値づくり経営の極意

              Diamond Management Forum 2016年冬号 (2016/12/01)

              著者:延岡健太郎, 28-31頁

              • 経営学
              • 一般記事

                関連URL:

                付加価値づくりの経営

                NETT ほくとう総研 No. 97 (2016/10/31)

                著者:延岡健太郎

                • 経営学
                • 一般記事

                  関連URL:

                  製造業における「サービス価値」の創出

                  延岡健太郎
                  『サービソロジー』 3巻 3号 4-11頁 (2016/10/31)

                  • 経営学
                  • 技術経営
                  • 論文

                    関連URL:

                    ものづくりと価値づくり

                    延岡健太郎
                    『IE レビュー』 57巻 2号 6-11頁 (2016/05/31)

                    • 経営学
                    • 技術経営
                    • 論文

                      関連URL:

                      意味的価値創出の重要性

                      延岡健太郎, (公社)中国地方総合研究センター(編)『平成27年度 感性イノベーションガイドブック』 1-12頁
                      (公社)中国地方総合研究センター(2016/03/31)

                      • 技術経営
                      • 本の一章執筆

                        関連URL:

                        ビジネスケース マツダ:マツダデザイン“CAR as ART”

                        延岡健太郎:木村めぐみ
                        『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 130-148頁 (2016/03/24)

                        近年、自動車メーカー・マツダが元気だ。すべての顧客に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を提供する、と宣言している同社オリジナルの「スカイアクティブ技術」と、「魂動」という統一されたデザインテーマを全面採用した新世代商品群が高い評価を受けているといわれている。とりわけ、2012年に「魂動デザイン」を採用した商品が導入されてからは、マツ…

                        • 経営学
                        • 論文

                          関連URL:

                          今を読み解く:国産ジェット、高い潜在力 ものづくりの基盤構築

                          日本経済新聞 (2016/02/14)

                          著者:延岡健太郎, 2016年2月14日朝刊 21面掲載

                          • 経営学
                          • 一般記事

                            関連URL:

                            デザイン価値の創造:デザインとエンジニアリングの統合に向けて

                            延岡健太郎:木村めぐみ
                            『一橋ビジネスレビュー』 62巻 4号 6-21頁 (2015/03/20)

                            • 技術経営
                            • 論文

                              関連URL:

                              日本企業の価値づくりにおける複雑性の陥穽

                              延岡健太郎:軽部 大, 藤本隆宏:新宅純二郎:青島矢一(編)『日本のものづくりの底力』 第6章 156-179頁
                              東洋経済新報社(2015/02/13)

                              日本のものづくりは衰退の道をたどるのか、復活の可能性はあるのか。 現場を知り尽くした専門家が客観情報に基づいて徹底分析。

                              • 技術経営
                              • ビジネスケース シスメックス:真の顧客志向と顧客価値最大化によるグローバルリーダーへの飛躍

                                延岡健太郎:栗木契:藤井誠
                                『一橋ビジネスレビュー』 61巻 4号 106-121頁 (2014/03/20)

                                • 技術経営
                                • 論文

                                  関連URL:

                                  生産財における真の顧客志向―意味的価値創出のマネジメント

                                  延岡健太郎:高杉康成
                                  『一橋ビジネスレビュー』 Vol.61 No.4 16-29頁 (2014/03/20)

                                  生産財における真の顧客志向とは、顧客企業だけでは創出できない高度な経済的価値(機能的価値+意味的価値)を提供することである。生産財企業がこれを実現するためには、多様な顧客企業の現場に深く入り込んで、顧客価値が提案できる能力を蓄積しなくてはならないが、多くの企業では、それができていない。本稿では、提供すべき顧客企業にとっての経済価値とは何…

                                  • 経営学
                                  • 論文

                                    関連URL:

                                    製品開発におけるマルチプロジェクト管理への変革

                                    延岡健太郎
                                    『コルネリウス・ヘルシュタット, クリストフ・シュトゥックシュトルム, ヒューゴ・チルキー, 長平彰夫 編 『日本企業のイノベーション・マネジメント』,同友館』 235-270頁 (2013/06/20)

                                      論文

                                      関連URL:

                                      ビジネスケース クラレ:三位一体による顧客価値の創出

                                      岡村佑太: 延岡健太郎
                                      『一橋ビジネスレビュー』 60巻 4号 134-147頁 (2013/03/21)

                                      • 技術経営
                                      • 論文

                                        関連URL:

                                        規模と複雑性:価値づくりを阻む障壁

                                        軽部大:延岡健太郎, 『日本企業研究のフロンティア⑨/ 一橋大学日本企業研究センター(編)』 14-26頁
                                        有斐閣(2013/03/01)

                                        • 経営学
                                        • 本の一章執筆

                                          関連URL: