詳細情報

BACK

著作分類 論文
著者 六田充輝:青島矢一
論文タイトル ビジネスケース クラレ:日本発のエンプラ「ジェネスタ」とそのイノベーションのプロセス
機関名 一橋ビジネスレビュー
68巻
3号
ページ 134-147頁
出版・発行年月 2020/12/31
要旨 クラレが1994年に開発した「ジェネスタ(ナイロン9T)」は、低吸水性、高耐熱性、寸法精度などに優れた特徴を持ち、電気・電子部品や自動車部品に幅広く使用されているエンジニアリングプラスチック(エンプラ)である。その開発プロセスでは、原料合成のための触媒完成から商品の市場化まで18年、事業として収益の柱となるまでには30年にも及ぶ長い年月を要した。この間、事業環境や組織体制の変化によって、開発者たちは幾度も苦境に立たされたが、当初描いた開発コンセプトに沿って技術を連続的に蓄積することによって、直面した困難を克服し、事業化を成し遂げることに成功した。本ケースでは、こうしたジェネスタの開発プロセスをたどることで、イノベーションを実現する長期的なプロセスを描き出す。
備考
参考URL
ラベル 経営学, 技術経営, 人材育成拠点, 知識, イノベーション・プロセス
登録日 2020/12/31

BACK