検索一覧

検索結果: 6件 1ページ目(1〜6)

いつ組織は共存を選択するか:曖昧な目標の創出と受容

谷口諒
『一橋商学論叢』 (2022/05/01)

  • 経営学
  • 組織論
  • 論文

    関連URL:

    組織に対する社会からの評価とその影響

    谷口諒, 組織学会(編)『組織論レビュー(仮)』
    白桃書房(2022/04/30)

    • 経営学
    • 組織論
    • 本の一章執筆

      関連URL:

      プラットフォームビジネス:デジタル時代を支配する力と陥穽

      マイケル・A. クスマノ:アナベル・ガワー:デヴィッド・B. ヨッフィー(著):青島矢一(監訳)
      有斐閣(原著 The Business of Platforms)(2020/12/10)

      ユーザーとイノベーター, 売手と買手などを接続してネットワーク効果を生み出し巨大化した産業プラットフォーム。既存企業の基盤を崩し去るかに見える, グーグル, アマゾン, フェイスブック等が巨額の利益を生み, 一方で莫大なお金を失う原理と実際, 光と影を示す。

      • 経営学
      • 技術経営
      • 戦略論
      • イノベーション政策
      • デジタル・エコノミー
      • デジタルイノベーション
      • デジタル・トランスフォーメーション
      • データシェアリング
      • 地域イノベーションの事例研究: 岡山県真庭市における「バイオマスツアー真庭」

        谷口諒
        CASE#19-02 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/28)

        近年、地域活性化に向けた施策として、「産業観光」が注目を集めている。産業観光は、従来型の観光とは異なり、学習や体験といった要素を備えている点に特徴がある。文化財だけでなく、高度な技術を有する産業現場や農林水産業の現場も産業観光の対象となり得るため、多くの地域において産業観光を実施できる可能性がある。しかし、産業観光を実現し、持続的に運営…

        • 地域イノベーション
        • 政策のための科学
        • IIRケーススタディ

          PDF DOWNLOAD

          関連URL:

          地域イノベーションの事例研究: 鯖江市眼鏡産地における産地ブランド化の取り組み

          寺本有輝: 水野未宙也: 谷口諒
          CASE#19-01 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/01)

           イノベーションの創出は地域経済を活性化しうるが,当該地域の持続的な発展を必ずしも保証しない.むしろ地域は,生み出したイノベーションとそれに伴う成功体験に縛られることで,環境変化に適応していくことができず,衰退していく可能性もある.では,そうした問題に直面した地域は,次なる成長に向けた取り組みをいかに進めていくのであろうか.本稿は,鯖江…

          • 地域イノベーション
          • 政策のための科学
          • IIRケーススタディ

            PDF DOWNLOAD

            関連URL:

            シンボルを用いた資源獲得の成功による資源配分の失敗:『バイオマス・ニッポン総合戦略』の事例

            谷口諒
            『組織科学』 50巻 4号 66-81頁、※第34回組織学会高宮賞(論文部門)を受賞 (2017/06/20)

            本稿の目的は、既存の経営学研究の知見に基づき、日本の政策に係る問題を考察することにある。日本の重点政策下では、当該政策と本来関連の薄い政府事業が予算を獲得しており、政府が進める「選択と集中」は必ずしも達成されているわけではない。こうした問題は、「便乗予算」として指摘されている。本稿は、資源配分及び資源獲得研究双方の知見を援用することで、…

            • 組織論