検索一覧

検索結果: 12件 1ページ目(1〜12)

地域イノベーションの事例研究「鹿児島におけるシラスの活用」

小林信也 : 江藤学
CASE#19-06 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/28)

地域に存在する未利用資源の有効活用は、地域イノベーション創出における大きな一つの手段である。しかし、未利用資源が長期に渡って未利用のままとなっていることには当然何らかの要因があるのも事実である。鹿児島県においても同様のことが当てはまる。鹿児島県はその大部分をシラス台地と呼ばれる火山噴出物に覆われている。シラスは固結性が弱く、透水性が高い…

  • 地域イノベーション
  • 政策のための科学
  • IIRケーススタディ

    PDF DOWNLOAD

    関連URL:

    石川県七尾市における「街づくり」の挑戦

    三浦友里恵 : 青島矢一
    CASE#19-05 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/28)

    石川県七尾市は能登半島の中央部に位置し、約5万人と能登地方における最大の人口を抱える中心都市である 。天然の良港である七尾港を持ち、江戸から明治中期にかけては海運の物流拠点として繁栄していた。特に、当時の物流の大動脈であった北前船の寄港地として、七尾和ろうそくや米など、能登の物資を日本海側の各都市へ輸送し、北海道からは昆布などの海産物を…

    • 地域イノベーション
    • 政策のための科学
    • IIRケーススタディ

      PDF DOWNLOAD

      関連URL:

      地域イノベーションの事例研究:株式会社タカキベーカリーによる「石窯パン」の開発、市場開拓

      西原友里子 : 兒玉公一郎
      CASE#19-04 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/28)

      製パン企業であるタカキベーカリーは、広島を拠点とするアンデルセングループの傘下で、特にホールセール分野のパンを主力とする。アンデルセングループは、①妥協のない本物志向、②商品を売る前に生活を売るという姿勢、③長期的視野での人材の育成、といった側面で顕著な特徴を有している。タカキベーカリーが2005年に発売した「石窯パン」は、従来のホール…

      • 地域イノベーション
      • 政策のための科学
      • IIRケーススタディ

        PDF DOWNLOAD

        関連URL:

        地域イノベーションの事例研究: 岡山県真庭市における「バイオマスツアー真庭」

        谷口諒
        CASE#19-02 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/28)

        近年、地域活性化に向けた施策として、「産業観光」が注目を集めている。産業観光は、従来型の観光とは異なり、学習や体験といった要素を備えている点に特徴がある。文化財だけでなく、高度な技術を有する産業現場や農林水産業の現場も産業観光の対象となり得るため、多くの地域において産業観光を実施できる可能性がある。しかし、産業観光を実現し、持続的に運営…

        • 地域イノベーション
        • 政策のための科学
        • IIRケーススタディ

          PDF DOWNLOAD

          関連URL:

          地域 経済活性化 の在り方 : 兵庫県豊岡市の「鞄」ブランド取得ケース

          高永才 : 成井裕子
          CASE#19-03 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/28)

          地域ブランドの取得は地域経済活性化のきっかけとなりうる。しかし,これは当該地域の持続的な経済成長を保証するものではない.地域ブランド取得という事実に安心し, 各プレーヤが積極的な関与をしなければ、さらにそれらを普及させるシステムが構築されなければ、実際、経済成長を成し遂げることは難しい.地域ブランドの取得に関わった各プレーヤは、なぜ、積…

          • 地域イノベーション
          • 政策のための科学
          • IIRケーススタディ

            PDF DOWNLOAD

            関連URL:

            ビジネスケース ベネッセアートサイト直島:コーポレートアイデンティティーと地域振興

            新田隆司:山口翔太郎:清水洋
            『一橋ビジネスレビュー』 66巻 4号 110-123頁 (2019/03/28)

            瀬戸内海に浮かぶ人口およそ3000人の小さな島が、世界から大きな注目を集めている。それは、香川県の直島である。直島はもともと小さな漁村があった島であったが、銅の製錬産業の誘致に成功し、財政的には比較的豊かになった。しかし、世界から注目されるような島では決してなかった。どのように、直島はこれほどまでに注目されるようになったのだろう。大きく…

            • 経営学
            • 地域イノベーション
            • 論文

              関連URL:

              地域イノベーションの事例研究: 鯖江市眼鏡産地における産地ブランド化の取り組み

              寺本有輝: 水野未宙也: 谷口諒
              CASE#19-01 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/01)

               イノベーションの創出は地域経済を活性化しうるが,当該地域の持続的な発展を必ずしも保証しない.むしろ地域は,生み出したイノベーションとそれに伴う成功体験に縛られることで,環境変化に適応していくことができず,衰退していく可能性もある.では,そうした問題に直面した地域は,次なる成長に向けた取り組みをいかに進めていくのであろうか.本稿は,鯖江…

              • 地域イノベーション
              • 政策のための科学
              • IIRケーススタディ

                PDF DOWNLOAD

                関連URL:

                地域イノベーションの事例研究: 有限会社ヤマコ武田商店

                尾田基:江藤学
                CASE#18-01 一橋大学イノベーション研究センター (2018/05/01)

                ヤマコ武田商店は、マグロを塩竃魚市場で買い付け、解体加工し、仲卸を通さずに小売店に産地直送する事業を行っている企業である。東日本大震災からの復興過程において、ヤマコ武田商店では急速冷凍機械を用いたマグロのタイムシフトビジネスを開発した。旬であり豊漁期でもある秋に獲れたマグロを解体後に冷凍し、最も高く売れる12月に提供することを可能とした…

                • 地域イノベーション
                • 政策のための科学
                • IIRケーススタディ

                  PDF DOWNLOAD

                  関連URL:

                  土湯温泉:再生可能エネルギーを活用した地域復興

                  青島矢一:山崎邦利
                  『一橋ビジネスレビュー』 65巻 1号 138-150頁 (2017/06/29)

                  • 経営学
                  • 地域イノベーション
                  • Magicc
                  • 政策のための科学
                  • 論文

                    関連URL:

                    地域イノベーションの事例研究:高知におけるファインバブルの農業・水産業への応用

                    吉岡(小林)徹・木村めぐみ・江藤学
                    CASE#17-03 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/31)

                    地域における農林水産業の生産性向上は大きな政策課題である。高知県では、高知工業高等専門学校が地域内の農業・水産業、および、加工事業者と連携することによって、ファインバブルと呼ばれる微細な気泡を生み出す技術を確立し、それを生産の現場に応用することで生産性を向上させることに成功した。この事例から、地域における技術的なイノベーションの創出と、…

                    • 地域イノベーション
                    • 政策のための科学
                    • IIRケーススタディ

                      PDF DOWNLOAD

                      関連URL:

                      地域企業家による地域課題克服の戦略形成と組織化-ブランド産地・三ヶ日町における廃棄ミカンの活用事業-

                      松原日出人
                      CASE#17-02 一橋大学イノベーション研究センター (2017/03/27)

                      本稿は,静岡県浜松市北区三ヶ日町を舞台に生じた地域イノベーションの事例を検討するものである。同町の地域課題とは,ミカン産地としてのブランド化が生み出してきた廃棄ミカンの存在であった。その問題克服に関わったのが,同町で食肉卸業に携わってきた株式会社フードランドを経営する中村健二氏であった。異業種の視点や技術の応用を通じて,それまで本格化し…

                      • 地域イノベーション
                      • 政策のための科学
                      • IIRケーススタディ

                        関連URL:

                        地域イノベーションの事例研究(1) 夕張市におけるズリ(石炭採掘廃棄物)山の再生事業

                        江藤学 : 木村めぐみ
                        CASE#17-01 一橋大学イノベーション研究センター (2017/01/19)

                        夕張市におけるズリ活用事業は、①地域が抱えている問題の解決を目的に、②地域が有する資源と、③地域の人・組織のアイデアとスキルを活用することによって、④地域で新規に創造された事業であり、⑤自治体や国からの政策的支援を受け、⑥経済効果が期待でき、⑦日本全国の地域、国、企業、その他非営利組織などに示唆を与える事例である この事業の中心となるの…

                        • 地域イノベーション
                        • 政策のための科学
                        • IIRケーススタディ

                          関連URL: