検索一覧

検索結果: 80件 1ページ目(1〜20)

教則 標準化とビジネス

江藤学:辻田美紗:佐々木通孝
国立大学法人山口大学(監修) 355頁(2018/08/01)

  • 技術経営
  • 知的財産権
  • 標準化
  • イノベーション政策
  • 著書

    関連URL:

    Making the patent scope consistent with the invention: Evidence from Japan

    Okada, Yoshimi : Yusuke Naito : Sadao Nagaoka
    『Journal of Economics & Management Strategy』 Vol. 27 Issue 3 pp. 607-625 (2018/07/31)

    It is a crucial function of patent examination to make the patent scope consistent with the contribution of the invention to the state of the art. We assess this function using newly developed data on the scope of Japanese patent applications and grants. We find that the scope was narrowed in two thirds of the grants, both the incidenc…

    • 知的財産権
    • 知的財産制度
    • How Does Innovation Occur in India? Evidence from the JIRICO Survey

      The International Schumpeter Society (2018/07/04)

      Young Scholars Award 2018: This paper reports the results of the JIRICO survey to shed light on the drivers and obstacles to innovation in India, and how the intellectual property rights system, particularly patents, play a role in the larger innovation ecosystem of the country. Findings are on three issues: (1) Motivation of Innovati…

      • 知的財産権
      • イノベーションの計測
      • イノベーション・プロセス
      • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

        関連URL:
        http://hitotsubashiiir-en.blogspot.com/2018/07/byeongwoo-kang-assistant-professor.html

        How does innovation occur in India? Evidence from the JIRICO survey

        Bharadwaj, Ashish : Byeongwoo Kang
        WP#18-05 一橋大学イノベーション研究センター (2018/01/30)

        Based on the first innovation survey of 1139 firms in India, this paper provides innovation activities in India. Findings in this paper will provide insights to other emerging countries that pursue endogenous innovation.

        • 知的財産権
        • イノベーションの計測
        • イノベーション・プロセス
        • IIRワーキングペーパー

          PDF DOWNLOAD

          関連URL:

          論文

          関連URL:

          Global Spread of Pharmaceutical Patent Protection: Micro Evidence from the International Equivalents of Drug

          Okada, Yoshimi : Sadao Nagaoka
          『Patents in Japan, Millennial Asia』 Vol.8 No.1 pp. 26-47 (2017/04/11)

          • 知的財産権
          • 論文

            関連URL:

            Impact of Patent Scope on subsequent Inventions: Findings from a new Measure

            Okada, Yoshimi : Yusuke Naito : Sadao Nagaoka
            WP#17-03 一橋大学イノベーション研究センター (2017/02/20)

            While patent scope defined by patent claims provides crucial information on the contribution of underlying inventions to the state of the art, its existing measures do n…

            • 知的財産権
            • IIRワーキングペーパー

              PDF DOWNLOAD

              関連URL:

              Contribution of Patent Examination to Making the Patent Scope Consistent with the Invention: Evidence from Japan

              Okada, Yoshimi : Yusuke Naito : Sadao Nagaoka
              RIETI Discussion Paper 16-E-092 Research Institute of Economy, Trade and Industry (RIETI) (2016/11/29)

              Delineating the patent scope consistently with the contribution of the disclosed invention is one of the most crucial requirements for a patent system to promote innovation effectively. Given the incentive of an applicant to set a scope for the patent as broad as possible, an important task of the Patent Office is to narrow it so that …

              • 知的財産権
              • 知的財産制度
              • Landscape of Standard Essential Patents: Case of East Asian Firms

                The 7th Asia-Pacific Innovation Conference (2016/11/18)

                Conference Paper: submitted by Dang, Jianwei, Byeongwoo Kang and Ke Ding

                • 技術経営
                • 知的財産権
                • 標準化
                • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

                  関連URL:

                  第四章 特許と標準化

                  江藤 学, 『標準化教本 : 世界をつなげる標準化の知識 』 91-121頁
                  一般財団法人 日本規格協会(2016/07/29)

                  • 経営学
                  • 技術政策
                  • 知的財産権
                  • 標準化
                  • 本の一章執筆

                    関連URL:

                    第二章 標準化とビジネス

                    江藤 学 , 『標準化教本 : 世界をつなげる標準化の知識』 37-58頁
                    一般財団法人 日本規格協会(2016/07/29)

                    • 経営学
                    • 技術政策
                    • 知的財産権
                    • 標準化
                    • 本の一章執筆

                      関連URL:

                      第一章 標準化の基礎知識

                      江藤 学, 『標準化教本 : 世界をつなげる標準化の知識 』 9-36頁
                      一般財団法人 日本規格協会(2016/07/29)

                      • 経営学
                      • 技術政策
                      • 知的財産権
                      • 標準化
                      • 本の一章執筆

                        関連URL:

                        標準化教本:世界をつなげる標準化の知識

                        江藤学(編)
                        一般財団法人 日本規格協会、313頁(2016/07/29)

                        • 経営学
                        • 技術政策
                        • 知的財産権
                        • 標準化
                        • 編著

                          関連URL:

                          Global spread of pharmaceutical patent protections: micro evidence from the international equivalents of the drug patents in Japan

                          Okada, Yoshimi : Sadao Nagaoka
                          WP#16-07 一橋大学イノベーション研究センター (2016/07/13)

                          We investigate the global spread of pharmaceutical patent protections as acquired by firms, based on a novel global patent database for all significant medical drugs introduced in Japan. It gives us the propensity of filing and grant rate for each country for the granted patents in Japan. Major findings are the following. Both the fili…

                          • 知的財産権
                          • 知的財産制度
                          • イノベーションの科学的源泉
                          • 創薬
                          • 政策のための科学
                          • IIRワーキングペーパー

                            PDF DOWNLOAD

                            関連URL:

                            Claim Length as a Value Predictor of a Patent

                            Okada, Yoshimi : Yusuke Naito : Sadao Nagaoka
                            WP#16-04 一橋大学イノベーション研究センター (2016/04/07)

                            The claim of a patent defines the scope of patent right and provides crucial information on patent value. However, most empirical research uses only the number of claims as an indicator of patent value. We show that the breadth of a claim of Japanese patents, measured by the inverse of claim length, has significant explanatory power fo…

                            • 知的財産権
                            • IIRワーキングペーパー

                              PDF DOWNLOAD

                              関連URL:

                              特許を媒介とした知識・資源の組み合わせ――革新的医薬の事例から

                              原 泰史 : 長岡貞男 : 高田直樹 : 河部秀男 : 大杉義征
                              『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 54-71頁 (2016/03/24)

                              特許制度には、発明がもたらす社会的余剰の一部を企業が利益として確保できる専有可能性への効果のみならず、発明が公開されることでさらなる発明を誘引する役割や、大学・研究機関による基礎研究の成果に特許権が付与されることで、それを利用した企業投資を促し商業化の可能性を高める役割がある。本稿では、特許制度における後者2つの役割に注目する。日本およ…

                              • 知的財産権
                              • 知的財産
                              • イノベーションの科学的源泉
                              • 論文

                                関連URL:

                                ライセンス収入から特許無力化戦略へ──標準必須特許ビジネスの変化

                                江藤 学
                                『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 92-106頁 (2016/03/24)

                                近年の知財紛争では、標準必須特許という単語を聞くことが多い。これは、標準必須特許を盾にして戦うことは、巨額の賠償金を獲得する上でも、ライバル企業のビジネスを叩く上でも、通常の特許に比べて戦いが容易で、コスト効果が高いと考えられてきたからだ。しかし、ここ数年の知財紛争の判決やビジネスの動きは、その様相を変えつつある。標準必須特許のビジネス…

                                • 戦略論
                                • 知的財産権
                                • 標準化
                                • 論文

                                  関連URL:

                                  「失われた20年」に日本企業が取得した特許の価値の検証

                                  岡田吉美:長岡貞男:内藤祐介
                                  『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 72-91頁 (2016/03/24)

                                  特許権の価値を予測する変数として、成立した特許権のクレーム長さ(筆頭請求項の文字数)の逆数を提案し、非特許文献の引用の変数とともに、出願人前方引用数を被説明変数として検証を行った。被引用数がトップ1%であるようなきわめて重要な特許の価値の変動の説明は、従来の変数だけでは不十分で、クレーム長さ、非特許文献の引用が大きな説明力を有した。これ…

                                  • 知的財産権
                                  • 論文

                                    関連URL:

                                    新薬創製:日本発の革新的医薬品の源泉を探る

                                    長岡貞男(編)
                                    日経BP社(2016/03/23)

                                    • 知的財産権
                                    • 知的財産
                                    • イノベーションの科学的源泉
                                    • 編著

                                      関連URL:

                                      プロダクト・バイ・プロセス・クレームに係る最高裁判決

                                      岡田 吉美
                                      『特許研究』 60号 43-65頁 (2015/09/30)

                                      • 知的財産権
                                      • 知的財産
                                      • 知的財産制度