検索一覧

検索結果: 71件 1ページ目(1〜20)

Global Spread of Pharmaceutical Patent Protection: Micro Evidence from the International Equivalents of Drug

Okada, Yoshimi : Sadao Nagaoka
『Patents in Japan, Millennial Asia』 Vol.8 No.1 pp. 26-47 (2017/04/11)

  • 知的財産権
  • 論文

    関連URL:

    Impact of Patent Scope on subsequent Inventions: Findings from a new Measure

    Okada, Yoshimi : Yusuke Naito : Sadao Nagaoka
    WP#17-03 一橋大学イノベーション研究センター (2017/02/20)

    While patent scope defined by patent claims provides crucial information on the contribution of underlying inventions to the state of the art, its existing measures do n…

    • 知的財産権
    • IIRワーキングペーパー

      PDF DOWNLOAD

      関連URL:

      Contribution of Patent Examination to Making the Patent Scope Consistent with the Invention: Evidence from Japan

      Okada, Yoshimi : Yusuke Naito : Sadao Nagaoka
      RIETI Discussion Paper 16-E-092 Research Institute of Economy, Trade and Industry (RIETI) (2016/11/29)

      Delineating the patent scope consistently with the contribution of the disclosed invention is one of the most crucial requirements for a patent system to promote innovation effectively. Given the incentive of an applicant to set a scope for the patent as broad as possible, an important task of the Patent Office is to narrow it so that …

      • 知的財産権
      • 知的財産制度
      • 標準化教本:世界をつなげる標準化の知識

        江藤学(編)
        一般財団法人 日本規格協会、313頁(2016/07/29)

        • 経営学
        • 技術政策
        • 知的財産権
        • 標準化
        • 編著

          関連URL:

          Global spread of pharmaceutical patent protections: micro evidence from the international equivalents of the drug patents in Japan

          Okada, Yoshimi : Sadao Nagaoka
          WP#16-07 一橋大学イノベーション研究センター (2016/07/13)

          We investigate the global spread of pharmaceutical patent protections as acquired by firms, based on a novel global patent database for all significant medical drugs introduced in Japan. It gives us the propensity of filing and grant rate for each country for the granted patents in Japan. Major findings are the following. Both the fili…

          • 知的財産権
          • 知的財産制度
          • イノベーションの科学的源泉
          • 創薬
          • 政策のための科学
          • IIRワーキングペーパー

            PDF DOWNLOAD

            関連URL:

            Claim Length as a Value Predictor of a Patent

            Okada, Yoshimi : Yusuke Naito : Sadao Nagaoka
            WP#16-04 一橋大学イノベーション研究センター (2016/04/07)

            The claim of a patent defines the scope of patent right and provides crucial information on patent value. However, most empirical research uses only the number of claims as an indicator of patent value. We show that the breadth of a claim of Japanese patents, measured by the inverse of claim length, has significant explanatory power fo…

            • 知的財産権
            • IIRワーキングペーパー

              PDF DOWNLOAD

              関連URL:

              特許を媒介とした知識・資源の組み合わせ――革新的医薬の事例から

              原 泰史 : 長岡貞男 : 高田直樹 : 河部秀男 : 大杉義征
              『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 54-71頁 (2016/03/24)

              特許制度には、発明がもたらす社会的余剰の一部を企業が利益として確保できる専有可能性への効果のみならず、発明が公開されることでさらなる発明を誘引する役割や、大学・研究機関による基礎研究の成果に特許権が付与されることで、それを利用した企業投資を促し商業化の可能性を高める役割がある。本稿では、特許制度における後者2つの役割に注目する。日本およ…

              • 知的財産権
              • 知的財産
              • イノベーションの科学的源泉
              • 論文

                関連URL:

                ライセンス収入から特許無力化戦略へ──標準必須特許ビジネスの変化

                江藤 学
                『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 92-106頁 (2016/03/24)

                近年の知財紛争では、標準必須特許という単語を聞くことが多い。これは、標準必須特許を盾にして戦うことは、巨額の賠償金を獲得する上でも、ライバル企業のビジネスを叩く上でも、通常の特許に比べて戦いが容易で、コスト効果が高いと考えられてきたからだ。しかし、ここ数年の知財紛争の判決やビジネスの動きは、その様相を変えつつある。標準必須特許のビジネス…

                • 戦略論
                • 知的財産権
                • 標準化
                • 論文

                  関連URL:

                  「失われた20年」に日本企業が取得した特許の価値の検証

                  岡田吉美:長岡貞男:内藤祐介
                  『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 72-91頁 (2016/03/24)

                  特許権の価値を予測する変数として、成立した特許権のクレーム長さ(筆頭請求項の文字数)の逆数を提案し、非特許文献の引用の変数とともに、出願人前方引用数を被説明変数として検証を行った。被引用数がトップ1%であるようなきわめて重要な特許の価値の変動の説明は、従来の変数だけでは不十分で、クレーム長さ、非特許文献の引用が大きな説明力を有した。これ…

                  • 知的財産権
                  • 論文

                    関連URL:

                    新薬創製:日本発の革新的医薬品の源泉を探る

                    長岡貞男(編)
                    日経BP社(2016/03/23)

                    • 知的財産権
                    • 知的財産
                    • イノベーションの科学的源泉
                    • 編著

                      関連URL:

                      プロダクト・バイ・プロセス・クレームに係る最高裁判決

                      岡田 吉美
                      『特許研究』 60号 43-65頁 (2015/09/30)

                      • 知的財産権
                      • 知的財産
                      • 知的財産制度
                      • Effects of early patent disclosure on knowledge dissemination: evidence from the pre-grant publication system introduced in the United States

                        Okada, Yoshimi and Sadao Nagaoka
                        WP#15-12 一橋大学イノベーション研究センター (2015/07/10)

                        In order to assess the disclosure function of the patent system, this study examined the impact of the pre-grant publication system introduced in the United States in 2000. Unlike earlier studies, the applicant (inventor) non-self-citations (excluding examiner citations) were used to track knowledge flow. The causal effects of disclosu…

                        • 経済学
                        • 知的財産権
                        • 知的財産制度
                        • 知識
                        • 産学官連携
                        • IIRワーキングペーパー

                          PDF DOWNLOAD

                          関連URL:

                          日本のイノベーター 先端技術 標的に係る分子を発見 大阪大学特任教授 岸本忠三氏 下 (日経産業新聞)

                          (2014/01/15)

                          講演者:大杉義征

                          • 経営学
                          • 知的財産権
                          • 政策のための科学
                          • 一般記事

                            関連URL:

                            大阪の医薬基盤研究所で「アクテムラ(R)」と抗体医薬に関する講義を実施, Chugai2014-No.1

                            (2014/01/09)

                            講演者:大杉義征

                            • 経営学
                            • 知的財産権
                            • 政策のための科学
                            • 一般記事

                              関連URL:

                              Reassessing Patent Propensity: Evidence from a dataset of R&D awards, 1977–2004

                              Roberto Fontana:Nuvolari, Alessandro:Shimizu, Hiroshi:Vezzulli, Andrea
                              『Research Policy』 Vol. 42 (10) pp.1780-1792 (2013/12/01)

                              • 経営学
                              • 技術経営
                              • 知的財産権
                              • イノベーションの計測
                              • 知的財産
                              • Intermediary Functions and the Market for Innovation in Meiji and Taisho Japan

                                Nicholas, Tom: Hiroshi Shimizu
                                『Business History Review』 Vol.87 (Spring) pp.121-149 (2013/05/25)

                                • 技術史
                                • 知的財産権
                                • 知的財産
                                • 知的財産制度
                                • 論文

                                  関連URL:

                                  Does the outsourcing of prior art search increase the efficiency of patent examination?

                                  Yamauchi, Isamu : Sadao Nagaoka
                                  WP#13-12 一橋大学イノベーション研究センター (2013/05/07)

                                  This paper investigates the effects of outsourcing of prior art search on the efficiency of patent examination, using a large scale Japanese patent examination data. Out…

                                  • 知的財産権
                                  • イノベーションの経済分析
                                  • 知的財産
                                  • 知的財産制度
                                  • IIRワーキングペーパー

                                    PDF DOWNLOAD

                                    関連URL:

                                    標準規格にかかる必須特許の権利行使の在り方についての考察

                                    長岡貞男
                                    『知財研フォーラム 』 90号 54-60頁 (2012/08/01)

                                     標準規格にかかる「必須特許」による差止請求訴訟が近年世界的に多く見られるようになっている。本稿では、その問題の背景を分析し、また差止請求権の基本的役割を明確にした上で、技術標準の必須特許による差止請求権がもたらす問題点を分析する。今後の方向として、RAND条件によるライセンスの徹底、特に裁判所は、特許権者がRAND条件によるライセンス…

                                    • 知的財産権
                                    • 論文

                                      関連URL:

                                      特許権の有効性の早期明確化は何故重要か

                                      長岡貞男
                                      『日本知財学会誌』 9巻 1号 24-31頁 (2010/09/20)

                                       本稿では、特許庁が「合理的に無知であって良い」場合の前提条件を明確化することから始めて、特許権の有効性が早期に明確となることが何故重要であるかを、理論的な観点から分析する。権利の早期明確化は、開発投資の促進、ライセンス収入の獲得、ライセンシー間の競争がある場合の高額ライセンスの予防(既存研究に基づく)及び無効特許の利用促進に資するので…

                                      • 知的財産権
                                      • 論文

                                        関連URL:

                                        発明者からみた日本の研究開発の課題: 発明者サーベイ自由記述調査から

                                        西村淳一:王亭亭:長岡貞男
                                        RIETIディスカッションペーパー 09-J-031 経済産業研究所 (2009/10)

                                        • 知的財産権
                                        • ワーキングペーパー

                                          関連URL: