検索一覧

検索結果: 1898件 4ページ目(61〜80)

"Can You Teach a Lion to Roar?" Selected African Skills Development and Capacity Building Perspectives: Breaking Down Old Paradigms and Creating New Opportunities

Dumisani Magadlela
WP#16-03 一橋大学イノベーション研究センター (2016/03/31)

This research paper explores selected sub-Saharan African skills development and capacity building priorities needed for the sub-continent to achieve its growth targets …

  • 経営学
  • IIRワーキングペーパー

    PDF DOWNLOAD

    関連URL:

    アイスランドの地熱利用

    青島矢一:三木朋乃, 水上貴央(監修)(編)『再生可能エネルギー開発・運用にかかわる法規と実務ハンドブック』 80-88頁
    ㈱エヌ・ティー・エス(2016/03/30)

      本の一章執筆

      関連URL:

      ジェネラル・パーパス・テクノロジーのイノベーション:半導体レーザーの技術進化の日米比較

      清水洋
      有斐閣、380頁(2016/03/30)

      さまざまな技術・製品に応用できる汎用性の高い技術=ジェネラル・パーパス・テクノロジーは,どのように生み出され進化していくのか。そのイノベーションのパターンにスピンアウトがどのような影響を及ぼすのか,日米半導体レーザーの発展プロセスから明らかにする。

      • 経営学
      • 技術経営
      • 技術史
      • 戦略論
      • イノベーションの経済分析
      • 半導体産業
      • 知識
      • 不確実性
      • 特許を媒介とした知識・資源の組み合わせ――革新的医薬の事例から

        原 泰史 : 長岡貞男 : 高田直樹 : 河部秀男 : 大杉義征
        『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 54-71頁 (2016/03/24)

        特許制度には、発明がもたらす社会的余剰の一部を企業が利益として確保できる専有可能性への効果のみならず、発明が公開されることでさらなる発明を誘引する役割や、大学・研究機関による基礎研究の成果に特許権が付与されることで、それを利用した企業投資を促し商業化の可能性を高める役割がある。本稿では、特許制度における後者2つの役割に注目する。日本およ…

        • 知的財産権
        • 知的財産
        • イノベーションの科学的源泉
        • 論文

          関連URL:

          ライセンス収入から特許無力化戦略へ──標準必須特許ビジネスの変化

          江藤 学
          『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 92-106頁 (2016/03/24)

          近年の知財紛争では、標準必須特許という単語を聞くことが多い。これは、標準必須特許を盾にして戦うことは、巨額の賠償金を獲得する上でも、ライバル企業のビジネスを叩く上でも、通常の特許に比べて戦いが容易で、コスト効果が高いと考えられてきたからだ。しかし、ここ数年の知財紛争の判決やビジネスの動きは、その様相を変えつつある。標準必須特許のビジネス…

          • 戦略論
          • 知的財産権
          • 標準化
          • 論文

            関連URL:

            「失われた20年」に日本企業が取得した特許の価値の検証

            岡田吉美:長岡貞男:内藤祐介
            『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 72-91頁 (2016/03/24)

            特許権の価値を予測する変数として、成立した特許権のクレーム長さ(筆頭請求項の文字数)の逆数を提案し、非特許文献の引用の変数とともに、出願人前方引用数を被説明変数として検証を行った。被引用数がトップ1%であるようなきわめて重要な特許の価値の変動の説明は、従来の変数だけでは不十分で、クレーム長さ、非特許文献の引用が大きな説明力を有した。これ…

            • 知的財産権
            • 論文

              関連URL:

              ビジネスケース マツダ:マツダデザイン“CAR as ART”

              延岡健太郎:木村めぐみ
              『一橋ビジネスレビュー』 63巻 4号 130-148頁 (2016/03/24)

              近年、自動車メーカー・マツダが元気だ。すべての顧客に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を提供する、と宣言している同社オリジナルの「スカイアクティブ技術」と、「魂動」という統一されたデザインテーマを全面採用した新世代商品群が高い評価を受けているといわれている。とりわけ、2012年に「魂動デザイン」を採用した商品が導入されてからは、マツ…

              • 経営学
              • 論文

                関連URL:

                新薬創製:日本発の革新的医薬品の源泉を探る

                長岡貞男(編)
                日経BP社(2016/03/23)

                • 知的財産権
                • 知的財産
                • イノベーションの科学的源泉
                • 編著

                  関連URL:

                  温州アパレル企業ネットワークの変遷―その素描とクラスター分析

                  西口敏宏 : 辻田素子
                  WP#16-02 一橋大学イノベーション研究センター (2016/03/22)

                  本論は、クラスター分析等の統計的手法を用いて、辻田素子・西口敏宏(2008)「中国・温州の中小企業ネットワーク――現地服装産業の独自調査から」『商工金融』58(4): 25–44、の議論を精緻化したものである。また、本論のエッセンスは、西口敏宏・辻田素子『コミュニティー・キャピタル――中国・温州企業家ネットワークの繁栄と限界』(有斐閣、…

                    IIRワーキングペーパー

                    PDF DOWNLOAD

                    関連URL:

                    経済教室:電機不振は何を映す(下)  固定的な製品の枠 足かせ

                    日本経済新聞 (2016/03/15)

                    著者:青島矢一, 2016年3月15日 朝刊 28面掲載

                    • 経営学
                    • 一般記事

                      関連URL:

                      今を読み解く:国産ジェット、高い潜在力 ものづくりの基盤構築

                      日本経済新聞 (2016/02/14)

                      著者:延岡健太郎, 2016年2月14日朝刊 21面掲載

                      • 経営学
                      • 一般記事

                        関連URL:

                        やさしい経済学:イノベーションを考える 第1章 新しい価値とは

                        日本経済新聞 (2016/02/03)

                        著者:清水洋, 連載期間:2016年1月21日~2月3日 (1) 創造的破壊で新領域へ(2016年1月21日 朝刊27面) (2) 発明で終わらせない(2016年1月22日 朝刊29面) (3) 発明で富得る制度必要(2016年1月25日 朝刊17面) (4) 人件費高騰はチャンス(2016年1月26日 朝刊26面) (5…

                        • 経営学
                        • 一般記事

                          関連URL:

                          地域イノベーションの事例研究(1) 夕張市におけるズリ(石炭採掘廃棄物)山の再生事業

                          江藤学 : 木村めぐみ
                          WP#17-01 一橋大学イノベーション研究センター (2016/01/19)

                          夕張市におけるズリ活用事業は、①地域が抱えている問題の解決を目的に、②地域が有する資源と、③地域の人・組織のアイデアとスキルを活用することによって、④地域で新規に創造された事業であり、⑤自治体や国からの政策的支援を受け、⑥経済効果が期待でき、⑦日本全国の地域、国、企業、その他非営利組織などに示唆を与える事例である この事業の中心と…

                          • 地域イノベーション
                          • 政策のための科学
                          • IIRワーキングペーパー

                            関連URL:

                            Brand Royalty and Generic Competition

                            Wan, Yunyun(Jiangyun)
                            WP#16-01 一橋大学イノベーション研究センター (2016/01/13)

                            Facing generic competition, a brand-name drug company sometimes launches its own generic called an "authorized generic"(AG) through a third-party entity. If an authorized party transfers a substantial part of its profits to the brand-name drug company, the letter's total profit increases as a result and every branded drug that comes of…

                            • 経済学
                            • IIRワーキングペーパー

                              PDF DOWNLOAD

                              関連URL:

                              中国資本主義の牽引役、温州モデルは脱皮できるか──コミュニティー・キャピタルによる温州企業の繁栄と限界

                              西口敏宏:辻田素子
                              『一橋ビジネスレビュー』 Vol.63 No.3 18-33頁 (2015/12/24)

                              知識や学歴といった「個人的資源」に恵まれない温州人企業家が、他の中国人を圧倒する繁栄を手にできたのはなぜか。本稿は、彼らの「コミュニティー」に起因するパフォーマンス上の違いを分析するにあたり、特定のメンバーシップによって明確に境界が定まり、その成員間でのみ共有され利用されうる資源としての「コミュニティー・キャピタル」と、個人のネットワー…

                              • 経営学
                              • 論文

                                PDF DOWNLOAD

                                関連URL:

                                社会ネットワークを介した希少資源の効率的多重活用──中国PV産業急発展のメカニズム

                                青島矢一:王 文
                                『一橋ビジネスレビュー』 Vol.63 No.3 34-47頁 (2015/12/24)

                                太陽光発電(PV)産業は、世界各国の普及政策に後押しされて急発展を遂げてきた。この発展において特筆すべきは、技術的な先端産業であるにもかかわらず、実質的に市場が立ち上がった2000年代後半の5~6年の間に、圧倒的に後発であった中国企業が、日欧企業からシェアを奪い、一気に市場を席巻したことである。中国企業はなぜここまで短期間に競争力を獲得…

                                • 経営学
                                • 技術経営
                                • 論文

                                  関連URL:

                                  Entrepreneurship and Job Relatedness of Human Capital

                                  Ohyama, Atsushi
                                  『Economica』 (2015/12/01)

                                  • 経済学
                                  • 論文

                                    関連URL:

                                    Motivating and Enabling Firm Innovation Effort: Integrating Penrosian and Behavioral Theory Perspectives on Slack Resources

                                    Malen, Joel
                                    『Hitotsubashi Journal of Commerce and Management』 Vol.49 No.1 pp.37-54 (2015/10/29)

                                    This paper investigates why some firms make more effort to innovate than others. Building on ideas articulated by Edith Penrose in The Theory of the Growth of the Firm (2009), I develop a theoretical framework articulating how the intensity with which firms engage in innovation development to heterogeneity in levels of human and physic…

                                    • 経営学
                                    • 論文

                                      関連URL:

                                      The Samurai Company: Double Creative Response in Meiji Japan

                                      Yonekura, Seiichiro
                                      『Hitotsubashi Journal of Commerce and Management』 Vol.49 No.1 pp. 1-23 (2015/10/29)

                                      • 経営学
                                      • 論文

                                        関連URL:

                                        R&D投資を導入した一般均衡動学モデルによる日本の経済成長分析

                                        外木 暁幸
                                        WP#15-22 一橋大学イノベーション研究センター (2015/10/16)

                                        この研究の目的はR&D投資減税,公的R&D支出といった科学技術政策の経済成長への影響を,R&D資本の公共財的な性質を組み込んだ一般均衡動学モデルにより評価することにある.R&D資本投資及び資本ストックのデータを構築し,SNAのデータを2008SNAの定義に整理した上で, 2部門動学的一般均衡モデルの構造パラメーターを推計,またはカリブレ…

                                        • 経済学
                                        • IIRワーキングペーパー

                                          PDF DOWNLOAD

                                          関連URL: