検索一覧

検索結果: 1888件 9ページ目(161〜180)

若手NPO集結、イノベーション強化合宿

オルタナS (2014/03/25)

総合監修: 米倉誠一郎, 日本フィランソロピー協会(東京・千代田)とアメリカン・エキスプレス財団(米国ニューヨーク)は全国の若手NPOを対象とした宿泊型研修プログラムを開催した。集まった30人の研修生は2泊3日で、リーダーシップやビジネススキルを学び、グループに分かれて社会的課題をクラウドファンディングで解決する企画を考えた。最優秀…

    イノベーションの誤解

    週刊エコノミスト (2014/03/25)

    著者:清水洋

      一般記事

      関連URL:

      R&D資本投資の四半期及び確報推計手法の研究

      外木暁幸 : 北岡美智代 : 小林裕子
      WP#13-25 一橋大学イノベーション研究センター (2014/03/24)

      • 経済学
      • イノベーションの経済分析
      • イノベーションの計測
      • 国民経済計算
      • IIRワーキングペーパー

        PDF DOWNLOAD

        関連URL:

        ビジネスケース 日本コカ・コーラ:新型自動販売機「ピークシフト自販機」の開発と事業展開

        米倉誠一郎:金成美
        『一橋ビジネスレビュー』 61巻 4号 122-134頁 (2014/03/20)

        • 経営学
        • 論文

          関連URL:

          ビジネスケース シスメックス:真の顧客志向と顧客価値最大化によるグローバルリーダーへの飛躍

          延岡健太郎:栗木契:藤井誠
          『一橋ビジネスレビュー』 61巻 4号 106-121頁 (2014/03/20)

          • 技術経営
          • 論文

            関連URL:

            生産財における真の顧客志向―意味的価値創出のマネジメント

            延岡健太郎:高杉康成
            『一橋ビジネスレビュー』 Vol.61 No.4 16-29頁 (2014/03/20)

            生産財における真の顧客志向とは、顧客企業だけでは創出できない高度な経済的価値(機能的価値+意味的価値)を提供することである。生産財企業がこれを実現するためには、多様な顧客企業の現場に深く入り込んで、顧客価値が提案できる能力を蓄積しなくてはならないが、多くの企業では、それができていない。本稿では、提供すべき顧客企業にとっての経済価値とは何…

            • 経営学
            • 論文

              関連URL:

              Wenzhou Entrepreneurs' Way to Success: Making the Most of Their Networks and Social Capital

              Sekai Keizai Hyoron (World Economic Review) Vol. 58, No. 2, pp. 17-21 (in Japanese) (2014/03/20)

              Author: Nishiguchi, Toshihiro

              • ネットワーク
              • 一般記事

                関連URL:

                温州企業家の成功への道 - ネットワークとソーシャル・キャピタルの活用 -

                世界経済評論 2014年3/4月号 Vol. 58. No. 2, pp. 17-21 (2014/03/20)

                著者:西口敏宏

                • ネットワーク
                • 一般記事

                  関連URL:

                  Allocation of Research Resources and Publication Productivity in Japan: A Growth Accounting Approach

                  Aoki, Shuhei: Megumi Kimura
                  WP#13-24 一橋大学イノベーション研究センター (2014/03/10)

                  In Japan, as in many developed countries, the government's agencies for science have implemented several reforms to the scienti c research system, which has concentrated research resources in the top research universities. However, the growth of research papers has stagnated in Japan during the 2000s. To analyze the reason for this, th…

                  • 経済学
                  • サイエンス
                  • 政策のための科学
                  • IIRワーキングペーパー

                    PDF DOWNLOAD

                    関連URL:

                    中国における企業の研究開発活動および決定要因の実証分析

                    劉 曙麗
                    『中国経済研究』 第11巻 第1号(通巻19号) 22-46頁 (2014/03/01)

                    • 経済学
                    • イノベーションの経済分析
                    • 論文

                      関連URL:

                      Author ordering in scientific research: evidence from scientists survey in the US and Japan

                      Nagaoka, Sadao : Hideo Owan
                      WP#13-23 一橋大学イノベーション研究センター (2014/02/28)

                      This paper examines what drives author ordering in scientific research. We first discuss a theoretical framework for the choice between alphabetical ordering and relativ…

                      • イノベーションの経済分析
                      • イノベーションの計測
                      • サイエンス
                      • 知的財産
                      • IIRワーキングペーパー

                        PDF DOWNLOAD

                        関連URL:

                        イノベーションの大きな流れ

                        清水洋
                        『月刊監査役』 Vol.2 No.624 26-37 (2014/02/25)

                        • 経営学
                        • 論文

                          関連URL:

                          講演録:「新薬研究開発の楽しさと難しさ」~アクテムラの経験から~

                          東京応化工業株式会社 社内講演会 (2014/02/14)

                          講演録:大杉義征

                          • 産学官連携
                          • 研究会・講演録・講義録

                            関連URL:

                            バイオベンチャーの科学的源泉と成長に向けての課題―「2012年バイオベンチャー統計調査」にもとづいて―

                            本庄裕司:長岡貞男:中村健太:清水由美
                            WP#13-22 一橋大学イノベーション研究センター (2014/02/10)

                            本稿では,「2012年バイオベンチャー統計調査」(2012年度調査)にもとづいて,日本のバイオベンチャーにおける科学的源泉と企業成長に向けての課題に注目した調査および分析結果を報告する.2012年度調査では,まず調査対象企業の企業数を集計し,これにもとづく日本におけるバイオベンチャーの動向を時系列的に把握する.また,バイオベンチャーの株…

                            • 経済学
                            • 産学官連携
                            • IIRワーキングペーパー

                              PDF DOWNLOAD

                              関連URL:

                              東洋紡:逆浸透膜の開発と事業展開

                              藤原雅俊:青島矢一
                              CASE#14-01 一橋大学イノベーション研究センター (2014/01/30)

                              • 技術経営
                              • 技術史
                              • Magicc
                              • CO2削減
                              • IIRケーススタディ

                                PDF DOWNLOAD

                                関連URL:

                                講演録:日本発の抗体医薬品「トシリズマブ」~製品化までの道程~ 

                                Kansai Auto Immune Pathophysiology 研究会 (2014/01/15)

                                講演録:大杉義征

                                • 産学官連携
                                • 研究会・講演録・講義録

                                  関連URL:

                                  日本のイノベーター 先端技術 標的に係る分子を発見 大阪大学特任教授 岸本忠三氏 下 (日経産業新聞)

                                  (2014/01/15)

                                  講演者:大杉義征

                                  • 経営学
                                  • 知的財産権
                                  • 政策のための科学
                                  • 一般記事

                                    関連URL:

                                    大阪の医薬基盤研究所で「アクテムラ(R)」と抗体医薬に関する講義を実施, Chugai2014-No.1

                                    (2014/01/09)

                                    講演者:大杉義征

                                    • 経営学
                                    • 知的財産権
                                    • 政策のための科学
                                    • 一般記事

                                      関連URL:

                                      戦後日本の広告業の歴史におけるふたつの分岐点— 停滞と危機の「本質」—

                                      木村めぐみ
                                      WP#13-20 一橋大学イノベーション研究センター (2014/01/08)

                                      「日本の広告費」をもとに、戦後日本の広告業の歴史を概観してみると、①「成長の時代」(〜1991年)、②「停滞の時代」(1992年〜2007年)、③「危機の時代」(2008年〜現在)に区分することができる。日本の大手広告会社には、広告主や媒体社との密な関係によって発展してきたという歴史があり、本稿ではとくに、広告会社の媒体社との関係に焦点…

                                      • クリエイティブ産業
                                      • IIRワーキングペーパー

                                        PDF DOWNLOAD

                                        関連URL:

                                        真のグローバル化と新たな市場創造のための知財・標準化戦略

                                        月刊経団連 1月号 第62巻 第1号 (2014/01/01)

                                        著者:江藤学

                                        • 知的財産
                                        • 標準化
                                        • その他

                                          関連URL: