検索一覧

検索結果: 131件 1ページ目(1〜20)

外部資金の増加は大学の論文生産性を下げるのか:国立大学の部局レベルのデータからのエビデンス

小泉秀人: 門脇諒: 寺本有輝: 原 泰史: 青島矢一: 江藤 学
『一橋ビジネスレビュー』 69巻 2号 76-91頁 (2021/09/30)

外部資金(競争的資金)は大学における研究活動を促進するのだろうか。この問いに答えるために本論文では、2002年から2015年までの国立大学33校における部局レベルのデータを用いて、研究資金に占める外部資金の割合と英文論文の生産数との関係について実証分析を行った。この分析からは、一定の水準までは外部資金の比率が高いほど論文数は増大するが、…

  • 生産性
  • 人材育成拠点
  • 政策のための科学
  • 論文

    関連URL:

    標準化ビジネス戦略大全

    江藤学
    日本経済新聞出版(2021/07/21)

    目次:第1章 標準化はビジネスをどう変えるのか/ 第2章 標準化の様々な顔/ 第3章 サプライチェーンにおける標準化の意味/ 第4章 モジュール化を加速しビジネスを変える/ 第5章 規格に特許を包含させる戦略/ 第6章 試験方法規格の戦略的活用/ 第7章 認証のビジネス活用によるアドバンテージ/ 第8章 製品開発・市場化における知財マネ…

    • 技術経営
    • 戦略論
    • 知的財産
    • 標準化
    • 新しい時代における戦略的標準化の活用

      ぎょうせい『法律のひろば』 Vol.73 No.12 44-50頁 (2020/12/01)

      著者:江藤学

      • 知的財産
      • 標準化
      • その他

        関連URL:

        日本発の国際標準化 戦いの現場から

        一橋ビジネスレビュー (2020/04/02)

        著者:江藤学・鷲田祐一, 連載期間:2017年冬号~, 第1回:大成プラス「ナノモールディング技術」(2017年冬号(65巻3号))/ 第2回:生活支援ロボットの国際標準化(2018年春号(65巻4号))/ 第3回:サービスの国際標準化とアクセシビリティー(2018年夏号(66巻1号))/ 第4回:光触媒技術:日本発の発明…

        • 経営学
        • 標準化
        • 一般記事

          関連URL:

          The Business Effects of Standardization for SMEs

          Eto, Manabu
          『International Journal of Standardization Research 』 Volume17 Issue2 p. 20 (2019/07/01)

          Standardization activity is a type of open innovation, specifically an outbound­-revealing open innovation. Through standardization activities, a given technology spread…

          • 経営学
          • 技術政策
          • 標準化
          • ビジネスケース メルカリ:「世界に通じるサービス」の発想と実現

            江藤学
            『一橋ビジネスレビュー』 第67巻 1号 156-166頁 (2019/06/27)

            メルカリが築き上げた、スマートフォンで使えるフリマアプリ市場は、国内で大きな市場として確立した。さらに同社は、メルカリの顧客を核にして、メルカリエコシステムともいえる新しい生態系を構築しようとしている。メルカリのこのような発想はどこから生まれ、その成功のカギはどこにあったのか。本ケースでは、メルカリの創業者である山田進太郎へのインタビュ…

            • 経営学
            • 技術経営
            • アントレプレナー
            • 起業
            • イノベーション・プロセス
            • 論文

              関連URL:

              Influence of Photocatalytic Technology Standardization

              24th EURAS (European Academy for Standardisation) Annual Standardisation Conference (2019/06/13)

              Conference Paper: submitted by Eto, Manabu and Yuichi Washida

                研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

                関連URL:

                Profit Expansion Method by Standard as an Outbound Open Innovation

                Eto, Manabu, Jakobs, Kai(編)『Corporate Standardization Management and Innovation』 Chapter 14, pp. 256-275
                IGI Global(2019/04/30)

                Among open innovations, standardization activities that do not cause some souse of profits, such as issuing standard essential patents for standardized technologies, can be said to be offering-type outbound open innovations. Technology providers require a careful strategy to make a profit from standardization activities. The core of th…

                • 標準化
                • 地域イノベーションの事例研究「鹿児島におけるシラスの活用」

                  小林信也 : 江藤学
                  CASE#19-06 一橋大学イノベーション研究センター (2019/03/28)

                  地域に存在する未利用資源の有効活用は、地域イノベーション創出における大きな一つの手段である。しかし、未利用資源が長期に渡って未利用のままとなっていることには当然何らかの要因があるのも事実である。鹿児島県においても同様のことが当てはまる。鹿児島県はその大部分をシラス台地と呼ばれる火山噴出物に覆われている。シラスは固結性が弱く、透水性が高い…

                  • 地域イノベーション
                  • 政策のための科学
                  • IIRケーススタディ

                    PDF DOWNLOAD

                    関連URL:

                    先行者と後発者による新市場理解の相違:電動アシスト自転車の構造化プロセスを事例に

                    尾田基: 江藤学
                    『組織科学』 52巻 3号 33-46頁 (2019/03/20)

                    本論文は、近年の先行者優位の議論が、環境決定論的-企業適応的文脈に進んでいることを指摘し、先行者優位の議論に対して加藤(2011)の<技術システムの構造化理論>による接近を試みる。電動アシスト自転車の市場創造プロセスを探索することで、構造形成に携わった先行企業と、構造を所与として受け入れた後発企業では構造から受ける影響が異なることを示す…

                    • 経営学
                    • 戦略論
                    • 組織論
                    • 論文

                      関連URL:

                      Toshiharu Saito, Oral History (1st, 2): Digital Communication Technology and Video Game Development

                      Eto, Manabu:Fumihiko Ikuine:Kazufumi Fukuda:Morihiro Shigihara:Ayako Matsui
                      WP#19-22 (in Japanese) 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/28)

                      • オーラル・ヒストリー
                      • ゲーム
                      • IIRワーキングペーパー

                        関連URL:
                        http://pubs.iir.hit-u.ac.jp/admin/ja/pdfs/show/2277

                        斉藤利治第1回インタビュー後半:デジタル通信技術とゲーム開発の歴史の証言

                        江藤 学:生稲 史彦:福田 一史:鴫原 盛之:松井 彩子
                        WP#19-22 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/28)

                        • オーラル・ヒストリー
                        • ゲーム
                        • IIRワーキングペーパー

                          PDF DOWNLOAD

                          関連URL:

                          Toshiharu Saito, Oral History (1st, 1): Digital Communication Technology and Video Game Development

                          Eto, Manabu:Fumihiko Ikuine:Kazufumi Fukuda:Morihiro Shigihara:Ayako Matsui
                          WP#19-21 (in Japanese) 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/28)

                          • オーラル・ヒストリー
                          • ゲーム
                          • IIRワーキングペーパー

                            関連URL:
                            http://pubs.iir.hit-u.ac.jp/admin/ja/pdfs/show/2275

                            斉藤利治第1回インタビュー前半:デジタル通信技術とゲーム開発の歴史の証言

                            江藤 学:生稲 史彦:福田 一史:鴫原 盛之:松井 彩子
                            WP#19-21 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/28)

                            • オーラル・ヒストリー
                            • ゲーム
                            • IIRワーキングペーパー

                              PDF DOWNLOAD

                              関連URL:

                              Tohru Iwatani, Oral History (2nd, 2): Game Development at Namco in the early days of Video Game History

                              Shimizu, Hiroshi:Manabu Eto:Fumihiko Ikuine:Morihiro Shigihara
                              WP#19-06 (in Japanese) 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/14)

                              • オーラル・ヒストリー
                              • ゲーム
                              • IIRワーキングペーパー

                                関連URL:
                                http://pubs.iir.hit-u.ac.jp/admin/ja/pdfs/show/2244

                                Tohru Iwatani, Oral History (2nd, 1): Game Development at Namco in the early days of Video Game History

                                Shimizu, Hiroshi:Manabu Eto:Fumihiko Ikuine:Morihiro Shigihara
                                WP#19-05 (in Japanese) 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/14)

                                • オーラル・ヒストリー
                                • ゲーム
                                • IIRワーキングペーパー

                                  関連URL:
                                  http://pubs.iir.hit-u.ac.jp/admin/ja/pdfs/show/2243

                                  岩谷徹第2回インタビュー後半:ナムコビデオゲーム黎明期の開発体制

                                  清水 洋:江藤 学:生稲 史彦:鴫原 盛之
                                  WP#19-06 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/14)

                                  • オーラル・ヒストリー
                                  • ゲーム
                                  • IIRワーキングペーパー

                                    PDF DOWNLOAD

                                    関連URL:

                                    岩谷徹第2回インタビュー前半:ナムコビデオゲーム黎明期の開発体制

                                    清水 洋:江藤 学:生稲 史彦:鴫原 盛之
                                    WP#19-05 一橋大学イノベーション研究センター (2019/02/14)

                                    • オーラル・ヒストリー
                                    • ゲーム
                                    • IIRワーキングペーパー

                                      PDF DOWNLOAD

                                      関連URL:

                                      Standardization: Towards an Agenda for Research

                                      de Vries Henk:Kai Jakobs:Tineke Egyedi:Manabu Eto:Stephan Fertig:Olia Kanevskaia:Louise Klintner:Claudia Koch:Ivana Mijatovic:Mona Mirtsch:Piergiuseppe Morone:Marta Orviska:Cesare Riillo:Gianluca Scaramuzzino
                                      『International Journal of Standardization Research 』 Volume16 Issue1 p. 8 (2018/12/22)

                                      Standardization research is a fairly new and is a still-evolving field of research, with possibly major practical ramifications. This article presents a summary of the a…

                                        特許の藪解消のための非標準必須特許RAND宣言の可能性-ナノセルロースフォーラム知財タスクチームでの検討経緯-

                                        日本知財学会 第16回年次学術研究発表会 (2018/12/02)

                                        予稿:江藤 学

                                        • 経営学
                                        • 知的財産
                                        • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

                                          関連URL: