検索一覧

検索結果: 1898件 1ページ目(1〜20)

Environmental Externalities and Weak Appropriability: Influences on Firm Pollution Reduction Technology Development,

Malen, Joel
『Business & Society』 (2019/01/01)

The article has become available on line in April 2017 and will appear in a print later.

    Promoting clean energy technology entrepreneurship: The role of external context

    Malen, Joel
    『Energy Policy』 (2017/12/01)

    forthcoming

      論文

      関連URL:

      クリエイティブ産業のイノベーション:表現としての創造

      木村めぐみ
      WP#17-13 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/24)

      本論文では、クリエイティブ産業におけるイノベーションが求める議論と、その内容を検討した。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。クリエイティブ産業のイノ…

      • クリエイティブ産業
      • IIRワーキングペーパー

        関連URL:

        クリエイティブ産業のデザイン:語られなかった戦略

        木村めぐみ
        WP#17-12 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/24)

        本論文では、クリエイティブ産業のデザインが求める議論と、その内容を検討した。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。創造性をイノベーションに結びつけるデ…

        • クリエイティブ産業
        • IIRワーキングペーパー

          関連URL:

          クリエイティブ産業の創造性:知識と意識

          木村めぐみ
          WP#17-11 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/24)

          本論文では、クリエイティブ産業の創造性が求める議論と、その内容を検討した。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。イノベーションを実現できる創造性につい…

          • クリエイティブ産業
          • IIRワーキングペーパー

            関連URL:

            創られた階級:クリエイティブ産業の働き方

            木村めぐみ
            WP#17-10 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/24)

            本論文では、クリエイティブ産業特有の働き方を明らかにした。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。その働き方とは、対立や闘争を見せることではなく、客観的…

            • クリエイティブ産業
            • IIRワーキングペーパー

              関連URL:

              なぜ、「二つの文化」は、イノベーションを妨げるのか:クリエイティブ産業の問題

              木村めぐみ
              WP#17-09 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/24)

              本論文では、クリエイティブ産業特有の問題を明らかにした。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。その問題とは、創造の機会であり、「二つの文化」という言葉…

              • クリエイティブ産業
              • IIRワーキングペーパー

                関連URL:

                意識の創造:クリエイティブ産業の競争資源

                木村めぐみ
                WP#17-08 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/24)

                本論文では、クリエイティブ産業特有の競争資源を明らかにした。クリエイティブ産業とは、英国のブレア政権[1997-2007]によって創られた産業(イメージ)であり、技芸[art]、つまり、人が知識を活用するプロセスの論理に再構築された「企業者」(Schumpeter 1912)像である。その競争資源とは、創造された意識[conscious…

                • クリエイティブ産業
                • IIRワーキングペーパー

                  関連URL:

                  創られた産業: 英国クリエイティブ産業の20年

                  木村めぐみ
                  WP#17-07 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/24)

                  本論文では、英国のクリエイティブ産業の歴史を通じて、工業社会とは異なる、知識社会特有の競争、問題、働き方を明らかにした。クリエイティブ産業とは、ブレア政権期[1997-2007]に示された、知識社会のためのビジョンCreative Britain(Smith 1998)によって創られた産業(イメージ)である。知識社会とは、イノベーション…

                  • クリエイティブ産業
                  • IIRワーキングペーパー

                    PDF DOWNLOAD

                    関連URL:

                    東日本大震災後のルネサス支援――同一尺度の信頼が生まれた

                    西口敏宏 : 辻田素子
                    WP#17-06 一橋大学イノベーション研究センター (2017/05/09)

                    • 経営学
                    • IIRワーキングペーパー

                      関連URL:

                      イノベーターたちの日本史 : 近代日本の創造的対応

                      米倉誠一郎
                      東洋経済新報社(2017/04/28)

                      • 経営学
                      • 関与と越境 ― 日本企業再生の論理

                        軽部 大
                        有斐閣(2017/04/28)

                        • 経営学
                        • 戦略論
                        • 組織論
                        • グッドデザイン賞の研究用データベースの概要とその利用

                          原泰史 : 吉岡(小林)徹 : 蘆澤雄亮
                          WP#17-05 一橋大学イノベーション研究センター (2017/04/20)

                          製品のデザインはイノベーションの重要な要素であるが、消費者や製造者に対するアンケート調査に拠る以外には計測可能な指標が乏しく、十分な研究の蓄積が乏しかった。意匠のデータにより、これを計測する動きがあるが、幾つかの先行研究が指摘するとおり、適用可能な条件が限られている。最大の制約は企業ごとの出願性向の偏りである。これに対して、日本のグッド…

                            IIRワーキングペーパー

                            PDF DOWNLOAD

                            関連URL:

                            Global Spread of Pharmaceutical Patent Protection: Micro Evidence from the International Equivalents of Drug

                            Okada, Yoshimi : Sadao Nagaoka
                            『Patents in Japan, Millennial Asia』 Vol.8 No.1 pp. 26-47 (2017/04/11)

                            • 知的財産権
                            • 論文

                              関連URL:

                              日本における映画投資のフロー及びストックの試算

                              木村めぐみ:外木暁幸:小松怜史:大竹暁
                              New ESRI Working Paper No.38 内閣府経済社会総合研究所 (2017/03/30)

                              国民経済計算の国際基準である 2008SNA では、映画を含む「娯楽、文学、芸 術作品の原本」を固定資産として取り扱うことが勧告されている。しかし、我が国においては、基礎統計の制約により知的財産生産物には計上していない。本稿 では、「娯楽、文学、芸術作品の原本」のうち、まず映画に着目し、制作費とい った映画の資本化に必要な情報の収集・整…

                              • クリエイティブ産業
                              • ワーキングペーパー

                                関連URL:

                                地域企業家による地域課題克服の戦略形成と組織化-ブランド産地・三ヶ日町における廃棄ミカンの活用事業-

                                松原日出人
                                WP#17-04 一橋大学イノベーション研究センター (2017/03/27)

                                本稿は,静岡県浜松市北区三ヶ日町を舞台に生じた地域イノベーションの事例を検討するものである。同町の地域課題とは,ミカン産地としてのブランド化が生み出してきた廃棄ミカンの存在であった。その問題克服に関わったのが,同町で食肉卸業に携わってきた株式会社フードランドを経営する中村健二氏であった。異業種の視点や技術の応用を通じて,それまで本格化し…

                                • 地域イノベーション
                                • IIRワーキングペーパー

                                  関連URL:

                                  Innovation for a circular economy

                                  Malen, Joel
                                  『Hitotsubashi Business Review』 Vol.64 No.4 8-18 (2017/03/23)

                                  in Japanese(循環型経済のためのイノベーション)

                                  • 経営学
                                  • 論文

                                    関連URL:

                                    ビジネスケース  夕張:地域の再生と企業

                                    木村めぐみ
                                    『一橋ビジネスレビュー』 64巻 4号 176-190頁 (2017/03/23)

                                    北海道の夕張は、かつては炭鉱のまちとして栄え、現在でも夕張メロンや国際映画祭の開催など、特色ある地域として知られる。しかし、夕張では、四半世紀前には地域経済の基盤であった鉱業が撤退し、10年前には市が財政再建団体(現在、財政再生団体)入りした。人口減少や少子高齢化の進行も全国より早い。近年、地方創生の重要性が高まり、企業による地域貢献の…

                                    • 経営学
                                    • 論文

                                      関連URL:

                                      標準必須特許の諸問題について

                                      カン・ビョンウ
                                      『一橋ビジネスレビュー』 64巻 4号 122-129頁 (2017/03/23)

                                      2017年1月にクアルコムが米連邦取引委員会とアップルから標準必須特許の問題で提訴され、注目を浴びている。1990年代から始まった標準必須特許の諸問題が20年以上経過した今でも絶えず続いている。その理由は、標準必須特許の諸問題が難題化または深刻化したからではなく、その問題に対する解決策がなかなか見つからないからである。問題解決が難しくて…

                                      • 経営学
                                      • 論文

                                        関連URL:

                                        特許制度改革

                                        岡田吉美
                                        『一橋ビジネスレビュー』 64巻 4号 110-120頁 (2017/03/23)

                                        特許権は、占有ができず目に見えない「発明」という技術情報を保護する排他権であって、独自創作でも他者の権利の侵害となる知的財産権であり、他者の権利の認知困難性という特殊性がある。電気製品や自動車などのように多数のハードウェアおよびソフトウェアを統合して構成される商品では特許侵害を避けることが難しく、硬直的な差止請求権制度の下では産業活動の…

                                        • 経営学
                                        • 知的財産制度
                                        • 論文

                                          関連URL: