検索一覧

検索結果: 146件 1ページ目(1〜20)

イノベーションを生む土壌(上) 社会課題解決の先頭に立て:日本経済新聞

日本経済新聞 (2023/10/31)

著者:軽部大, 2023年10月31日, 朝刊, 経済教室欄, 30面掲載

  • 経営学
  • 技術経営
  • 戦略論
  • 組織論
  • 技術政策
  • 政策のための科学
  • CO2削減
  • イノベーションの計測
  • イノベーションの科学的源泉
  • 知識
  • イノベーション政策
  • 不確実性
  • 地域イノベーション
  • アントレプレナー
  • 起業
  • イノベーション・プロセス
  • 科研費プロジェクト
  • アントレプレナーシップ
  • グリーンイノベーション
  • カーボンニュートラル
  • コーポレートベンチャー
  • 新しい市場カテゴリーはどのように誕生するか:低糖質市場の形成史

    工藤(原)由佳:宮澤優輝:原泰史:橘樹:軽部大
    WP#23-03 一橋大学イノベーション研究センター (2023/06/05)

     個別企業の戦略行動と産業レベルの市場形成はいかに相互に作用しながらイノベーションに結実するのか。本研究の目的は、カテゴリー論を援用しながら、低糖質市場の形成過程を個別企業の取り組みや製品動向、消費者による関連用語の利用に関するデータを通じて検討し、この問いに回答を導き出すことにある。カテゴリー論では、カテゴリーの境界や意味の曖昧さが、…

    • 経営学
    • 戦略論
    • 組織論
    • 社会学
    • イノベーション・プロセス
    • IIRワーキングペーパー

      PDF DOWNLOAD

      関連URL:

      ビジネス・ケース セイコーエプソン:革新的腕時計「スプリングドライブ」はいかに 開発・事業化されたか

      軽部大:橘樹:宮澤優輝:アヴィマニュ・ダッタ
      『一橋ビジネスレビュー』 70巻 4号 152-169頁 (2023/03/30)

      年に世界初のクオーツ式腕時計開発に先行したセイコーエプソンは、その後のクオーツ全盛期においても、継続的に新しい腕時計の開発に取り組んでいた。そのなかで誕生したのが、機械式腕時計と同じように「ぜんまい」を動力としながらクオーツ式腕時計と同程度の高精度を実現する、時計業界の既成概念を覆す革新的機構「スプリングドライブ」である。多くの革新事例…

      • 経営学
      • 技術経営
      • 技術史
      • 戦略論
      • 組織論
      • 論文

        関連URL:

        ビジネス・ケース アールシーコア:個性的な「暮らし」を届けるBESSの家

        秋池篤:吉岡(小林)徹:村山貴俊
        『一橋ビジネスレビュー』 70巻 3号 128-140頁 (2022/12/29)

        ログハウスの国内シェアトップを誇るアールシーコアは、どのようにして顧客をファンにし、成長してきたのか。本ケースでは、①家を楽しい暮らしを実現するための道具として位置づける独自の製品戦略を30年近く続けてきたこと、②展示場に来て納得してもらうことを重視した販売戦略をとってきたこと、③製品の独自性と製品への納得が生み出したユーザーコミュニテ…

        • 戦略論
        • デザイン
        • 論文

          関連URL:

          Examining the generalizability of research findings from archival data

          Delios, Andrew:Elena Giulia Clemente: Tao Wu:Hongbin Tan:Yong Wang:Michael Gordon:Domenico Viganola:Zhaowei Chen:Anna Dreber:Magnus Johannesson:Thomas Pfeiffer:Generalizability Tests Forecasting Collaboration:Eric Luis Uhlmann
          『Proceedings of the National Academy of Sciences』 119巻 30号 (2022/07/19)

          This initiative examined systematically the extent to which a large set of archival research findings generalizes across contexts. We repeated the key analyses for 29 or…

          • 戦略論
          • 方法論
          • When Murder King sells vegan burgers: Institutional maintenance and change in fast food

            Annual Meeting of the Society for the Advancement of Socio-Economics (SASE) (2022/07/11)

            How do global and local actors interact in institutional maintenance and change? This study addresses this perennial question in organization theory and international bu…

            • 戦略論
            • 組織論
            • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

              関連URL:
              https://sase.confex.com/sase/2022/meetingapp.cgi/Paper/19733

              アクセラレーターによるスタートアップの育成:日本のアクセラレータープログラムに関する実証分析

              内田大輔:芦澤美智子:軽部大
              『日本経営学会誌』 50号 59-72頁 (2022/07/01)

              • 経営学
              • 戦略論
              • アントレプレナー
              • 起業
              • 技術商業化
              • 論文

                関連URL:

                カゴメの組織変革と消費者との接触機会拡大戦略

                尾田基
                CASE#22-01 一橋大学イノベーション研究センター (2022/06/02)

                本論では、カゴメの 1990 年代後半から 2000 年代の組織改革と新事業開発を、最終消費者との接触機会を増やすという観点から整理し解釈する。カゴメは 1980 年代に進めていた多角化から方針転換し、1990 年代後半からは「集中と成長」を掲げ、職能制組織から事業部制組織に近い組織体制へと変更した。その後、様々な改善活動や新事業開発が…

                • 経営学
                • 戦略論
                • 組織論
                • IIRケーススタディ

                  PDF DOWNLOAD

                  関連URL:

                  経営学入門

                  青島矢一(著): 榊原清則(監修)
                  東洋経済新聞社(2022/03/18)

                  • 経営学
                  • 技術経営
                  • 戦略論
                  • 組織論
                  • 会計学
                  • イノベーション・プロセス
                  • 生産性
                  • 企業の社会的責任
                  • CSR
                  • システマティック・レビューによるトップ・マネジメント研究の再検討: 相互作用 と時間展開

                    寺本有輝
                    WP#22-01 一橋大学イノベーション研究センター (2022/01/25)

                     本稿では,既存のトップ・マネジメント研究の課題を明らかしたうえで,システマティック・レビューによって近年のトップ・マネジメント研究の知見を整理し,現時点で十分に解決されていない研究課題を検討した.近年の研究群は,行為者間の相互作用を捉えるという既存研究の課題を解決しつつあるものの,時間展開に関する知見が不足しているという課題が残されて…

                    • 経営学
                    • 戦略論
                    • IIRワーキングペーパー

                      関連URL:

                      コーポレート・ベンチャーキャピタルの戦略的活用:日米欧主要CVCの分析

                      岡本知久:青島矢一
                      『一橋ビジネスレビュー』 69巻 3号 88-103頁 (2021/12/30)

                      • 経営学
                      • 戦略論
                      • 組織論
                      • イノベーション政策
                      • アントレプレナー
                      • 起業
                      • イノベーション・プロセス
                      • 論文

                        関連URL:

                        ビジネスケース スーパーホテル:持たざる経営を支える「自律型感動人間」

                        板橋洋平:北川実茶:笹森奎穂:志賀俊希:青島矢一
                        『一橋ビジネスレビュー』 69巻 3号 148-163頁 (2021/12/30)

                        国内有数の全国ホテルチェーンであるスーパーホテルは、リーズナブルな価格を武器に、時流に合ったビジネスモデルで順調に店舗数を拡大してきた。ところが、次第に本社と店舗のコミュニケーションが希薄になり、店舗間のサービスにばらつきが生じて、成長が鈍化してしまう。そこで同社は、大胆な組織改革を断行した。その中核となるのが、お客様を第一とする経営理…

                        • 経営学
                        • 戦略論
                        • 組織論
                        • 論文

                          関連URL:

                          標準化ビジネス戦略大全

                          江藤学
                          日本経済新聞出版(2021/07/21)

                          目次:第1章 標準化はビジネスをどう変えるのか/ 第2章 標準化の様々な顔/ 第3章 サプライチェーンにおける標準化の意味/ 第4章 モジュール化を加速しビジネスを変える/ 第5章 規格に特許を包含させる戦略/ 第6章 試験方法規格の戦略的活用/ 第7章 認証のビジネス活用によるアドバンテージ/ 第8章 製品開発・市場化における知財マネ…

                          • 技術経営
                          • 戦略論
                          • 知的財産
                          • 標準化
                          • Robust disruptors and incumbent capabilities in the Japanese taxi industry, Conference Paper: submitted by Padrón-Hernández, Ivar and Masahiro Kotosaka

                            Annual Meeting of the Society for the Advancement of Socio-Economics (SASE) (2021/07/03)

                            The ongoing disruption in taxi services by international ride sharing platforms is highly publicized. Recent research in strategic management (e.g. Baron, 2018) has show…

                            • 経営学
                            • 戦略論
                            • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

                              関連URL:
                              https://sase.confex.com/sase/2021/meetingapp.cgi/Paper/17690

                              プラットフォームビジネス:デジタル時代を支配する力と陥穽

                              マイケル・A. クスマノ:アナベル・ガワー:デヴィッド・B. ヨッフィー(著):青島矢一(監訳)
                              有斐閣(原著 The Business of Platforms)(2020/12/10)

                              ユーザーとイノベーター, 売手と買手などを接続してネットワーク効果を生み出し巨大化した産業プラットフォーム。既存企業の基盤を崩し去るかに見える, グーグル, アマゾン, フェイスブック等が巨額の利益を生み, 一方で莫大なお金を失う原理と実際, 光と影を示す。

                              • 経営学
                              • 技術経営
                              • 戦略論
                              • イノベーション政策
                              • デジタル・エコノミー
                              • デジタルイノベーション
                              • デジタル・トランスフォーメーション
                              • データシェアリング
                              • Institutionally derived strategic influence of MNC subsidiaries, Conference Paper: submitted by Padrón-Hernández, Ivar

                                Annual Meeting of the Academy of Management (AOM) (2020/08/07)

                                What role do host country institutions play for the strategic influence of subsidiaries in mul-tinational enterprises (MNEs)? Through an inductive study of ten headquarters-subsidiary dyads across three MNEs, this paper identifies enablers of subsidiary influence in proposed strategies from headquarters, i.e., headquarter strategic ini…

                                • 経営学
                                • 戦略論
                                • 組織論
                                • 多国籍企業
                                • イノベーショントランスファー
                                • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

                                  関連URL:

                                  Institutionally derived strategic influence of MNC subsidiaries, Conference Paper: submitted by Padrón-Hernández, Ivar

                                  Annual Meeting of the Society for the Advancement of Socio-Economics (SASE) (2020/07/18)

                                  What role do host country institutions play for the strategic influence of subsidiaries in mul-tinational enterprises (MNEs)? Through an inductive study of ten headquarters-subsidiary dyads across three MNEs, this paper identifies enablers of subsidiary influence in proposed strategies from headquarters, i.e., headquarter strategic ini…

                                  • 経営学
                                  • 戦略論
                                  • 組織論
                                  • 多国籍企業
                                  • イノベーショントランスファー
                                  • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

                                    関連URL:

                                    Institutionally derived strategic influence of MNC subsidiaries, Conference Paper: submitted by Padrón-Hernández, Ivar

                                    Annual Meeting of the Academy of International Business (AIB) (2020/07/01)

                                    What role do host country institutions play for the strategic influence of subsidiaries in mul-tinational enterprises (MNEs)? Through an inductive study of ten headquarters-subsidiary dyads across three MNEs, this paper identifies enablers of subsidiary influence in proposed strategies from headquarters, i.e., headquarter strategic ini…

                                    • 経営学
                                    • 戦略論
                                    • 組織論
                                    • 多国籍企業
                                    • イノベーショントランスファー
                                    • 研究会・講演録・講義録・コンファレンスペーパー

                                      関連URL:

                                      旭化成のコーポレート・ベンチャーキャピタル:ベンチャー投資による新規事業の創出

                                      青島矢一:村上隆介
                                      『一橋ビジネスレビュー』 68巻 1号 64-80頁 (2020/06/25)

                                      日本の総合化学メーカー旭化成が、2008年に戦略目的で設立した旭化成コーポレート・ベンチャーキャピタル(旭化成CVC)は、これまで2件の買収に成功し、社内的な支援を受けて着実に予算規模も増やしている。その成功要因は、キーパーソンの存在、漸新的な社内認知の向上、初期の成功事例の重要性、現地採用人材による投資実績の蓄積、CVCの独立性と全社…

                                      • 経営学
                                      • 技術経営
                                      • 戦略論
                                      • 人材育成拠点
                                      • アントレプレナー
                                      • 起業
                                      • イノベーション・プロセス
                                      • 論文

                                        関連URL:

                                        An Analysis of the Trilemma Phenomenon for Apple iPhone and Samsung Galaxy

                                        Yun, Bo-Seong: Sang-Gun Lee: Yaichi Aoshima, 『Service Business』 Vol. 13, No. 4, pp. 779-814
                                        (2019/12/01)

                                        Starting from industry 4.0 in Germany and followed by the New Strategy for American Innovation in the USA and the smartization strategy in Japan, developed countries are…

                                        • 経営学
                                        • 技術経営
                                        • 戦略論