検索一覧

検索結果: 548件 1ページ目(1〜20)

ビジネスケース 日本環境設計:服から服へ、資源が循環する持続可能なエコシステムの創造

橘樹:内田大輔:軽部大
『一橋ビジネスレビュー』 70巻 1号 126-138頁 (2022/06/30)

日本環境設計は、不要になった服が大量に廃棄される現実への強い問題意識を持つ2人の創業者が2007年に設立したスタートアップである。限られた資源の有効活用の必要性を唱える「循環型社会」は、理念としてはわれわれの生活に定着した。しかし、現実には解決すべき課題が多く、理念と現実の間にはギャップが存在している。同社は独自の技術を生み出し、消費者…

  • 経営学
  • 技術経営
  • アントレプレナー
  • 起業
  • イノベーション・プロセス
  • 企業の社会的責任
  • CSR
  • SDGs
  • グリーンイノベーション
  • カーボンニュートラル
  • 論文

    関連URL:

    カゴメの組織変革と消費者との接触機会拡大戦略

    尾田基
    CASE#22-01 一橋大学イノベーション研究センター (2022/06/02)

    本論では、カゴメの 1990 年代後半から 2000 年代の組織改革と新事業開発を、最終消費者との接触機会を増やすという観点から整理し解釈する。カゴメは 1980 年代に進めていた多角化から方針転換し、1990 年代後半からは「集中と成長」を掲げ、職能制組織から事業部制組織に近い組織体制へと変更した。その後、様々な改善活動や新事業開発が…

    • 経営学
    • 戦略論
    • 組織論
    • IIRケーススタディ

      PDF DOWNLOAD

      関連URL:

      市場感知能力を基軸にした営業主導型組織の戦略的営業組織への進化―ITサービス企業の事例分析―

      宇野舞: 山下裕子
      WP#22-04 一橋大学イノベーション研究センター (2022/05/16)

      本研究は複数の IT サービス企業へのインタビューを通じて企業がどのように戦略的営業 組織を構築し,その際にどのような制約に直面するのかを把握することを目指す.従来の営 業組織の在り方には多様性があり,組織の在り方が異なれば顧客ニーズへのアプローチに も違いが生じる.従って,自社と市場の将来を見据える長期的視点を持ち,どの顧客のどの ニ…

      • 経営学
      • 組織論
      • 営業ーマーケティング
      • 市場感知能力
      • IIRワーキングペーパー

        PDF DOWNLOAD

        関連URL:

        気候変動問題対応に係るサステナビリティ経営の産業別動向分析

        市川類
        WP#22-03 一橋大学イノベーション研究センター (2022/05/12)

        気候変動問題への関心の高まりの中、近年、世界各国において、2050年までのカーボンニュートラルの実現の目標が宣言され、その実現に向けて、政府のみならず、多くの企業が取り組みを進めている。このカーボンニュートラルの実現は、原則として、化石燃料の利用を廃止することを意味することから、化石燃料産業を中心に多くの事業構造転換が求められることにな…

        • 経営学
        • イノベーション
        • グリーンイノベーション
        • カーボンニュートラル
        • IIRワーキングペーパー

          PDF DOWNLOAD

          関連URL:

          サステナビリティ経営(SX)とその構造に係る考察 ~イノベーションの役割とステークホルダー資本主義の未来~

          市川類
          WP#22-02 一橋大学イノベーション研究センター (2022/05/12)

           近年、気候変動問題を初め環境・社会問題への関心が高まる中、その対応に係る企業経営に関し、従来のCSV、ESG投資、SDGs、ステークホルダー資本主義、パーパス経営など、各種のサステナビリティ経営あるいはそれに関連する概念が、バズワードのように登場している。これらの概念は、新たな経営手法として、多くの経営指南書に近年登場し、その戦略的な…

          • 経営学
          • イノベーション
          • グリーンイノベーション
          • カーボンニュートラル
          • IIRワーキングペーパー

            PDF DOWNLOAD

            関連URL:

            いつ組織は共存を選択するか:曖昧な目標の創出と受容

            谷口諒
            『一橋商学論叢』 17巻 1号 28-41頁 (2022/05/01)

            • 経営学
            • 組織論
            • 論文

              関連URL:

              組織に対する社会からの評価とその影響

              谷口諒, 組織学会(編)『組織論レビュー(仮)』
              白桃書房(2022/04/30)

              • 経営学
              • 組織論
              • 本の一章執筆

                関連URL:

                外国人起業家から見た創業環境としての日本

                軽部大:橘樹:米倉誠一郎
                『一橋ビジネスレビュー』 69巻 4号 32-47頁 (2022/03/31)

                • 経営学
                • アントレプレナー
                • 起業
                • 論文

                  関連URL:

                  経営学入門

                  青島矢一(著): 榊原清則(監修)
                  東洋経済新聞社(2022/03/18)

                  • 経営学
                  • 技術経営
                  • 戦略論
                  • 組織論
                  • 会計学
                  • イノベーション・プロセス
                  • 生産性
                  • 企業の社会的責任
                  • CSR
                  • システマティック・レビューによるトップ・マネジメント研究の再検討: 相互作用 と時間展開

                    寺本有輝
                    WP#22-01 一橋大学イノベーション研究センター (2022/01/25)

                     本稿では,既存のトップ・マネジメント研究の課題を明らかしたうえで,システマティック・レビューによって近年のトップ・マネジメント研究の知見を整理し,現時点で十分に解決されていない研究課題を検討した.近年の研究群は,行為者間の相互作用を捉えるという既存研究の課題を解決しつつあるものの,時間展開に関する知見が不足しているという課題が残されて…

                    • 経営学
                    • 戦略論
                    • IIRワーキングペーパー

                      関連URL:

                      コーポレート・ベンチャーキャピタルの戦略的活用:日米欧主要CVCの分析

                      岡本知久:青島矢一
                      『一橋ビジネスレビュー』 69巻 3号 88-103頁 (2021/12/30)

                      • 経営学
                      • 戦略論
                      • 組織論
                      • イノベーション政策
                      • アントレプレナー
                      • 起業
                      • イノベーション・プロセス
                      • 論文

                        関連URL:

                        日本の起業家群像:「産業変革の起業家たち」に基づく一次報告

                        藤原雅俊:青島矢一
                        『一橋ビジネスレビュー』 69巻 3号 8-25頁 (2021/12/30)

                        • 経営学
                        • アントレプレナー
                        • 起業
                        • イノベーション・プロセス
                        • 論文

                          関連URL:

                          ビジネスケース スーパーホテル:持たざる経営を支える「自律型感動人間」

                          板橋洋平:北川実茶:笹森奎穂:志賀俊希:青島矢一
                          『一橋ビジネスレビュー』 69巻 3号 148-163頁 (2021/12/30)

                          • 経営学
                          • 戦略論
                          • 組織論
                          • 論文

                            関連URL:

                            Economic sociology in Japan

                            Nakano Tsutomu: Masaru Karube: Yoshimichi Sato: Naoki Wakabayashi
                            『economic sociology. perspectives and conversations』 23 1 11-18 (2021/11/30)

                            Economic sociology is an established field in the Western tradition of sociology. Departing from the instrumental rationality of neoclassical economics (Weber 1968), it has made a breakthrough with its foundational conception that economic action of individuals constructs social structures and these social structures heavily influence …

                            • 経済学
                            • 経営学
                            • 組織論
                            • 社会学
                            • 「コロナ後の日本企業(上):組織超え経営資源を結べ」

                              『日本経済新聞』 (2021/07/21)

                              著者:青島矢一, 2021年7月21日, 朝刊, 経済教室欄, 26面掲載

                              • 経営学
                              • イノベーション政策
                              • 知識のスピルオーバー
                              • 起業
                              • イノベーション・プロセス
                              • ビジネスから共生社会を考える

                                軽部大
                                『一橋ビジネスレビュー』 第68巻 4号 142-151頁 (2021/04/01)

                                連載 企業と社会を架橋するビジネスの新たなカタチ(第3回)

                                • 経営学
                                • 企業の社会的責任
                                • CSR
                                • SDGs
                                • 論文

                                  関連URL:

                                  質の高い研究論文の4つの側面と研究者の選択

                                  青島矢一, 青島矢一(編)『質の高い研究論文の書き方:多様な論者の視点から見えてくる、自分の論文のかたち』 146-157頁
                                  白桃書房(2021/03/26)

                                  • 経営学
                                  • 高等教育
                                  • 本の一章執筆

                                    関連URL:
                                    https://www.hakutou.co.jp/book/b571085.html

                                    企業の社会的責任とは何か

                                    軽部大
                                    『一橋ビジネスレビュー』 第68巻 3号 98-107頁 (2020/12/31)

                                    連載 企業と社会を架橋するビジネスの新たなカタチ(第2回)

                                    • 経営学
                                    • 企業の社会的責任
                                    • CSR
                                    • SDGs
                                    • 論文

                                      関連URL:

                                      ビジネスケース クラレ:日本発のエンプラ「ジェネスタ」とそのイノベーションのプロセス

                                      六田充輝:青島矢一
                                      『一橋ビジネスレビュー』 68巻 3号 134-147頁 (2020/12/31)

                                      クラレが1994年に開発した「ジェネスタ(ナイロン9T)」は、低吸水性、高耐熱性、寸法精度などに優れた特徴を持ち、電気・電子部品や自動車部品に幅広く使用されているエンジニアリングプラスチック(エンプラ)である。その開発プロセスでは、原料合成のための触媒完成から商品の市場化まで18年、事業として収益の柱となるまでには30年にも及ぶ長い年月…

                                      • 経営学
                                      • 技術経営
                                      • 人材育成拠点
                                      • 知識
                                      • イノベーション・プロセス
                                      • 論文

                                        関連URL:

                                        新しい協働のあり方を考える

                                        軽部大:江川雅子
                                        『一橋ビジネスレビュー』 68巻 3号 66-81頁 (2020/12/31)

                                        新型コロナウイルス感染症の流行は、われわれが当たり前と疑わなかったこれまでの慣行に変更を迫る契機となった。その必要性が叫ばれつつも遅々として進まなかったテレワークは劇的に普及した。われわれは今、何のためにビジネスを行うのかを改めて振り返る必要に迫られている。個人の生活様式のみならず、雇用者と非雇用者ひいては個人と個人の「ニューノーマル」…

                                        • 経営学
                                        • 組織論
                                        • 日本企業
                                        • 論文

                                          関連URL: